シニア

自律神経失調症は治療で治そう!幸せライフを手にする方法

腸内フローラを整える

夫婦

改善になる動き

発見がしづらい病気とも言われる自律神経失調症は、自律神経のバランスが乱れることで起こる不定愁訴のことを言います。自律神経は、交感神経と副交感神経から成りますが、ストレスやホルモンバランスの乱れ等により、それらのバランスが乱れることで自律神経失調症が起こります。自律神経失調症の症状を治療するためには、セロトニンの合成と分泌を促す必要があります。セロトニンは、主に精神安定作用のある神経伝達物質ですが、不足することで、鬱病や自律神経失調症などの症状に見舞われることで知られています。セロトニンは、その多くが腸内で作られていますが、腸内フローラ(腸内細菌叢)を整えることで、セロトニンも多く合成・分泌されるようになります。

生活習慣を見直すこと

自律神経失調症の治療には、腸内フローラを整えて、セロトニンの合成・分泌を促すことが大切です。腸内フローラを整えるためには、乳酸菌・ビフィズス菌・ラクトフェリンといった善玉菌を、オリゴ糖や食物繊維といった善玉菌のエサとなるものと一緒に摂取することが大切です。また、生活習慣を改善して、あらゆるストレスを取り除く努力をすることでも、高い治療効果が得られるでしょう。乳酸菌・ビフィズス菌・ラクトフェリンを摂取するためには、乳製品や発酵食品などの食品や特定保健用食品、またはサプリメントといったものから摂取することができます。また、生活習慣を改善するためには、規則正しい生活を送ること、日光を浴びること、リズム運動をすることが効果的です。これらを日常的に行うことで病気治療をよりスムーズに行うことが出来るでしょう。

自律神経と生活習慣

スーツの女性

自律神経失調症を治療するためには、生活改善と特定の栄養素を摂取するのが不可欠です。生活改善のためには、日光を浴びること、適度にカラダを動かすこと、リズムを守って生活すること、などが大切です。また特定の栄養素は、乳酸菌やビフィズス菌、必須アミノ酸や必須脂肪酸などの摂取がおススメです。

View Detail

自律神経失調と東洋医学

薬膳

薬物治療、生活改善、漢方治療によって自律神経失調症は緩和していきます。漢方治療は同じ病気でも症状や体質にあわせて調合が異なるのが特徴です。また効果が実感できるまで時間がかかるため、その間は薬物治療を並行して行うと良いでしょう。

View Detail

東洋医学で治す自律神経

薬膳

自律神経失調症は漢方で治すことが出来ます。漢方治療は、専門店で独自の調合をしてもらった方が治療効果が高いといいます。そのためには、自分の体質や症状について、熟知しておく必要があります。自分を取り巻くストレスについても、少なからず把握しておくと良いでしょう。

View Detail