女性

自律神経失調症は治療で治そう!幸せライフを手にする方法

自律神経と生活習慣

スーツの女性

生活を見直すことが大切

自律神経失調症は、自律神経の乱れが原因で起こる様々な心身の不調を指します。ホットフラッシュと呼ばれる発汗、ほてり現象に加え、震え、頭痛、腰痛、腹痛、吐き気、動悸、息切れ、疲労、肩こり、など、自律神経失調症を患うことで、多種多様な症状に悩まされるようになります。また自律神経失調症の特徴としては、検査をしても異常が見当たらないこと、が挙げられます。「ひどい腹痛に悩まされているのに、検査をしたら異常がなかった」、このような場合は自律神経失調症の症状の1つである「過敏性腸症候群」と診断されることが多いです。自律神経失調症を治療するためには、生活を見直すことが大切です。

規則正しい生活と腸内環境

自律神経失調症の治療のためには、生活改善が必要です。生活改善のためには、規則正しい生活を送ることと、特定の栄養素を摂取することが大切です。ここで言う「規則正しい生活」とは、リズムを保って生活すること、睡眠をしっかりとること、日光を浴びること、適度にカラダを動かすこと、適度に人と交流すること、などを言います。それらがセロトニンの分泌を促して、自律神経のバランスを整え治療につなげる効果があるのです。またセロトニンはその多くが腸で分泌されますが、腸内環境が悪化していると、セロトニンの分泌量も減ります。腸内環境を整えるためには、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を摂取するのがおススメです。また必須アミノ酸9種や、DHA・EPAなどの必須脂肪酸の摂取も、治療のためのセロトニン合成に不可欠です。